iPhoneでできること

by author


TOP > iPhoneでできること


iPhoneはスマートフォンの一つですが、アンドロイド機とは違う特徴がいくつかあります。

1つめはアプリについてです。アンドロイドはアプリの公開が自由です。



そのため、公開されるアプリ数はとても多いのですが、それぞれ自由に公開できることから品質チェックがされていません。アプリによってはまともに動かないタイプも残念ながら少なくありません。



iPhone用のアプリはアップルが最終チェックをするので動作確認がされており、また、セキュリティチェックも厳しくされているのでマルウエア等が入り込むことは無いと考えられています。2つめは追加ハードウエアです。

iPhoneはサードパーティとの連携が取れるようにライトニングケーブルやBluetoothなどの通信設備を持っています。特にBluetoothについてはさまざまな通信方法に対応していることから1対1の通信の他に多人数への一括送信などの技術にも対応しています。

また、これらの通信設備はAPIで公開されているので自由にアプリで利用することが可能です。

サードパーティ製のハードウエアの多くがこれらのAPIを利用しており、iPhoneをすぐに繋げられるようになっており、音楽再生やナビ機能として利用可能となっています。



また、イヤホン端子もありますのでスピーカーなどにも対応し、また、Bluetoothとの併用した通信も可能であることからスピーカーだけではなく、音楽のハブとしての機能も追加されてきています。