iPhone用の保護フィルム

by author


TOP > iPhone用の保護フィルム


iPhone用の保護フィルムは従来の薄い、安いフィルムからガラスを利用したタイプが人気となってきています。
本来保護フィルムの役目は液晶の保護、脂分の排除です。

特に液晶を傷から守るために利用されるケースが多いのですが、フィルムの場合、薄いこともあり、それほど傷防止には役に立たない場合も多かったようです。そこで注目されているのがガラスを利用したタイプです。
iPhone用のガラス保護アイテムは固く、厚みのあるタイプが多いのですが、何度でも貼り直しができるのもうれしいところです。



iPhoneの液晶は強化ガラスになっているのでさらにガラスを貼るのは意味が無いと考えがちですが、傷を防ぐ意味でガラス素材を利用した保護アイテムは重要です。


iPhoneは本体も含めて傷がつきにくい構造になっていますが、ポケットに入れている方も多く、傷がつきやすいシチュエーションが多いです。
また、落下によって液晶ガラスに負担がかかった際に衝撃を代わりに吸収することも保護アイテムの特徴の一つです。
ガラス素材を利用することはもう1つメリットがあります。



それは透過率です。

フィルムやマットタイプも透過率は年々上がっていますが、ガラス素材とは比べ物になりません。



また、ブルーライトカット効果を入れているタイプも多くなっており、使い勝手が格段によくなっています。

ガラス素材の厚みについては重さにはさほど影響を与えないことから気にならないと考える方が多いです。