iPhoneのアプリを利用する

by author


TOP > iPhoneのアプリを利用する


iPhoneといえばアプリです。

従来の携帯電話からスマートフォンに変わる際、iPhoneがベースに考えられさまざまなスマートフォンが登場しています。iPhoneがベースに考えられる理由としてはアプリがあります。

アプリについては専用言語を利用したり、webアプリとして実装されていたのですが、一般的なプログラミング言語が利用出来るようになったことで一気にアプリが増えています。特にiPhoneとアンドロイドを区別なく作ることができるようになったことが理由と考えられています。

iPhone用のアプリはアップストアで購入したり、無償でダウンロード可能です。



日々増えているアプリですが特徴としては品質チェックが厳しくされていることから、安心して利用出来ることがあります。
他のプラットフォームではセキュリティチェックがないことからマルウエアが心配されています。



マルウエアはアプリと一緒にインストールされ、自由に動き回ることからセキュリティ上困ったアプリでもあります。

しかも、インストールしたことに気づかない方も多いので対策が急がれています。



しかし、アップストアにあるアプリはチェックされており、マルウエアは入りません。

アプリを提供する側にとっては面倒な審査ですが、利用する側にとっては心強い味方でもあります。
また、Mac同様UIのデザインがある程度きまってきているのでどのアプリでもすぐに使える場合が多いのも特徴といえます。